あなたは今、こういったことでお困りではありませんか?

  • 頭がフラフラして外出するのが不安
  • めまいや吐き気がする
  • 首コリや肩コリが酷く頭痛もする
  • 動悸や不安感に襲われる
  • 生理痛が酷い
  • 赤ちゃんが授かりにくい

これらの症状は自律神経のバランスの乱れが関係しています。

自律神経失調についてできるだけ詳しく解説致します

院長近影

院長院長

院長の上川名です。仙台市宮城野区東仙台にて開業し、2021年現在18年目になります。私も自律神経失調症で長年苦しんだ経験があります。試行錯誤しながら生活習慣を変え薬に頼らず自力で克服することが出来ました。その経験を元に延べ30000人以上の方の不調の改善のお手伝いをしてきました。あなたの力になれれば幸いです。

このページでは自律神経失調症と当院の整体についてできるだけ詳しく解説いたします。

ドクターショッピングを繰り返している人へ

自律神経失調症は病院に行って検査をしても原因がはっきりしないことも多く、なかなか周りの人に辛さをわかってもらえません。

  • 気のせい
  • ストレスのせい
  • 低血圧
  • 更年期障害
  • 慢性胃炎

      などの病名をつけられて対症療法が行なわれるだけで、熱心に病院に通ってもなかなか改善しないという声も耳にします。
      結果として様々な病院を渡り歩くドクターショッピングを繰り返している人も少なくないのです。

      検査をしてもはっきり原因のわからない不定愁訴に対して、自律神経失調症と診断されることもあります。
      自律神経失調症は内臓や器官には異常がありません。
      その人の生活習慣の偏りによって自律神経の機能が乱れて起こります。

      なので検査でも異常が見つからず、薬で症状を抑えても根本解決にならないのです。

      このページでわかること

      このページを読んでいただくことで自律神経の仕組みや、自律神経失調症のメカニズムを理解することが出来ます。
      そして当院独自の整体と対処法を紹介しています。
      現在心身の不調でお悩みのあなたの希望になれれば幸いです。

      このページでは下記のことを解説します
      • 自律神経の仕組み
      • 自律神経のバランスが乱れる原因
      • 自律神経の乱れによる症状
      • 自律神経失調症の改善法
      • 多次元操体法による対処法

      自律神経の仕組み

      まずは自律神経の仕組みから説明します。

      その名の通り、自律的に働く神経です。
      交感神経副交感神経から成っています。

      自分の意思とは無関係に自律的にバランスを取っています。

      【交感神経・副交感神経の働き】

      交感神経が優位(活動) 副交感神経が優位(休息)
      緊張、興奮 気分 リラックス
      増加、上昇 心拍数・血圧 減少、下降
      上昇 体温 下降
      緊張 筋肉 弛緩
      早い 呼吸 ゆっくり
      抑制 消化 活発
      増加 発汗 低下
      収縮 血管 拡張
      拡大 瞳孔 縮小
      促進 ホルモン分泌 安定
      上昇 血糖・血中脂質 安定化
      発汗、鳥肌を立てる 皮膚 乾燥
      尿をためる 膀胱 排尿

      射精・子宮の収縮、排卵の促進

      生殖器 勃起・子宮の弛緩

      健康な状態だとこれらの神経がうまく切り替わってバランスが取れているのですが、ストレスなどによりこのバランスが乱れると心身の様々な症状に悩まされることになります。

      なぜ、自律神経のバランスが乱れるのか?

      自律神経のバランスが乱れる原因は主にストレスです。

      ストレスと言ってもいろいろな種類があります。

      自律神経が乱れる原因となるストレス
      • 物理的ストレス
      • 環境的ストレス
      • 社会的ストレス
      • 肉体的ストレス
      • 精神的ストレス
      • 人間関係のストレス

      物理的ストレス

      温熱、寒冷、高気圧、低気圧など

      環境的ストレス

      公害、騒音、照明、空気汚染

      社会的ストレス

      ハードワーク、残業、夜勤、役職への責任、多忙など

      肉体的ストレス

      病気、けが、睡眠不足、食生活の乱れなど

      精神的ストレス

      家族や身内の病気・死別・不幸、失恋、失敗、挫折、仕事や将来への不安、健康不安など

      人間関係のストレス

      他人とのトラブル、人間関係の悩みなど


      このように様々なストレスが長期的に続くと人によってはストレスに適応出来なくなり、自律神経の働きに乱れが生じます。
      その結果として様々な症状が発生するのです。

      自律神経の乱れが関係する症状

      自律神経失調症の4つの原因とは?

      様々なストレスにより自律神経のリズムに変調をきたし、自律神経失調症になると次のような症状が発生します。

      【各臓器に現れる自律神経失調症の症状】

      ※いくつかの症状が一見関連のない部位に現れることが多いです。

      症状が現れる部位 症状
      全身 だるさ、倦怠感、不眠、微熱が続く
      緊張型頭痛、頭重感、めまいメニエール、立ちくらみ
      眼精疲労、まぶたのけいれん
      耳鳴り
      のどのつまり感(ヒステリー球)
      循環器 高血圧、低血圧、不整脈、胸痛
      呼吸器 過呼吸、息苦しい
      皮膚 かゆみ、じんましん、円形脱毛症
      筋肉 筋肉痛、肩こり、腰痛、しびれ
      消化器 慢性胃炎、吐き気、過敏性腸症候群
      手の震え、手のしびれ、手のひらの多汗
      泌尿器 頻尿、残尿感
      生殖器 月経前症候群、生理痛、産後うつ、更年期障害、不妊

      【参考文献】

      自律神経失調症の治し方がわかる本

      さらに代表的な症状について紹介します。

      うつ、パニック症などメンタル系不調

      うつやパニック症といったメンタル系の不調も自律神経の乱れと深く関係しています。
      近年は出産後にうつ状態になる産後うつの女性も増えています。

      ほとんどの方が強いストレスを感じています。
      日常生活の中のストレス以外に症状に対するストレスもかなり大きいと思います。

      不安感、恐怖感など精神面の症状が知られていますが、身体的にもだるさやしびれ、動悸など様々な不定愁訴を同時に抱えている方がほとんどです。

      【関連ページ】

      ◆うつ>>
      ◆パニック障害>>

      起立性調節障害は子供の自律神経失調症である

      最近整体院に、朝だるくて起きられなかったり頭が痛かったりして学校に行けない子供さんの来院が増えています。
      不登校の原因として起立性調節障害が潜んでいることもあります。

      起立性調節障害も自律神経の乱れが関係しています。
      大人と同様に生活習慣に問題がある場合には、薬だけでは根本改善が難しいことも多く、生活習慣も含めて改善していくことが大切です。

      【関連ページ】

      ◆起立性調節障害>>

      自律神経失調症の改善法

      説明

      心身の不調の原因は一つだけでなく、精神的ストレス・身体的ストレスなどが複合的に合わさっています。
      またそれに加えて不規則な生活習慣や食事などの影響もあります。

      当院ではこれらの複合的なストレス要因を4つに分類しました。

      【自律神経のバランスが乱れる4つの要因】

      1. 浅い呼吸
      2. 栄養不足
      3. 身体の緊張
      4. 精神的ストレス

      自律神経失調症の根本改善に必要なことは、症状を抑えることではなくこれらの症状の原因をなくしていくことです。
      整体を受ける前に出来ることを試してみて下さい。

      根本改善に必要なこと
      1. 浅い呼吸を深くゆったりとした呼吸に改善する
      2. 必要な栄養素を補給すること
      3. 身体の緊張を緩めること
      4. 精神的にリラックスできるようになること

      1.浅い呼吸を深くゆったりとした呼吸に改善する

      自律神経はその名の通り自律的に働いている神経ですが、唯一呼吸によりコントロールすることができます。
      深くゆったりとした呼吸を心がけることで交感神経優位(興奮・緊張)の状態が副交感神経優位(リラックス)の状態に切り替わります。

      腹式呼吸や丹田呼吸など、横隔膜を大きく動かすような呼吸法も効果的です。

      ところで呼吸をするときには呼吸補助筋と呼ばれる筋肉群を使います。

      呼吸補助筋の種類
      • 横隔膜
      • 外肋間筋、内肋間筋
      • 外腹斜筋
      • 胸鎖乳突筋
      • 斜角筋

      これらの筋肉の緊張が強い場合には、深い呼吸をしようとしてもうまく筋肉を使えないために浅い呼吸になってしまいます。
      そのような場合には整体でこれらの筋肉群の緊張を緩めると楽に深い呼吸が出来るようになります。

      呼吸を改善する方法のまとめ

      • 腹式呼吸法
      • 丹田呼吸法

      など横隔膜を大きく動かす呼吸法がお薦めです。

      2.必要な栄養素を補給すること

      自律神経の働きは栄養と深い関係があります。
      自律神経失調症の原因は様々なストレス要因ですが、同じストレスがあっても心身の調子が悪くなる人と元気な人がいます。

      何が違うかというと、元々生まれ持った体質の違いもありますが、必要な栄養がきちんと摂れているかどうかもかなり大きな影響を与えます。

      分子栄養学と呼ばれる分野では必要な栄養素を補うことで自律神経失調症や様々な不定愁訴が改善しています。
      食事を変えることで自律神経失調症をはじめとして、うつやパニック症などのメンタル疾患が改善することがわかっています。

      栄養の改善のまとめ

      • 血糖値が急上昇する砂糖入りのお菓子や清涼飲料水を控える
      • 同じく血糖値が急上昇する小麦や白米などの精白食品、糖質の摂取を控える
      • たんぱく質をしっかり補給する
      • 必要に応じてビタミンやミネラルをしっかり補給する

      等など。

      自律神経の不調を訴える人は、血糖値が急激に上昇する食事をしている傾向があります。
      それによりホルモンバランスが乱れやすくなります。

      またたんぱく質やビタミン、ミネラルが不足している傾向がありますので、症状に合わせて必要な栄養素を補給することが大切です。

      下記のページでも詳しく解説しています。

      ◆自律神経失調症は栄養で改善できる>>

      【参考サイト】

      オーソモレキュラー栄養医学

      【参考書籍】

      この食事で自律神経は整う

      3.身体の緊張を緩める

      ストレスを強く感じている人は筋肉や筋膜に強い緊張やこわばりがあります。
      中でも特に首や肩周辺の筋肉がこっています。

      首の筋肉がこり固まると交感神経が優位に働き、常に緊張した状態が続くようになります。
      リラックスするためには副交感神経が優位になる必要がありますが、大きなストレスが継続することで交感神経が優位になりバランスが崩れてしまうのです。

      不調を訴えるクライアント様のほとんどが首の筋肉がこり固まっていますので、首の筋肉の緊張を緩和するストレッチやヨガなどもお薦めします。

      身体の緊張を緩める方法まとめ

      などのゆったりした運動がお薦めです。

      4.精神的にリラックスできるようになる

      心身の不調の発生にはストレスが深く関係しています。
      誰もが何かしらのストレスを感じていますが、たくましく乗り越えていける人もいれば心身の不調に悩まされてしまう人もいます。

      自分の感情との付き合い方や、物事の見方を少し変えることで精神的ストレスを緩和することが出来ます。
      普段慣れていない人は少し練習が必要ですが、だんだん楽に生きられるようになっていきます。

      マインドフルネスなどの瞑想法を実践したり、好きな趣味の時間を確保することも大切です。
      自分なりのストレスケア方法を持っておくと良いでしょう。

      精神的にリラックスする方法まとめ

      • マインドフルネス瞑想
      • ヴィパッサナー瞑想
      • 自分なりのリラックスできる時間の過ごし方を確保する

      近年は瞑想に気軽に取り組む人も増えています。
      瞑想用のアプリも無料でダウンロードできます。

      詳しく瞑想のやり方を知りたい人向けに瞑想個人レッスンも行なっています。

      自律神経失調症の改善法まとめ
      1. 浅い呼吸を深くゆったりとした呼吸に改善する
      2. 必要な栄養素を補給すること
      3. 身体の緊張を緩めること
      4. 精神的にリラックスできるようになること

      この4つを丁寧に実践していくと自律神経の働きが根本から整っていきます。
      こうして書くととてもシンプルな感じがしますが、当たり前のように感じる大切なことを丁寧に行なうことが改善の鍵となります。

      とはいえ、自分一人だけで取り組むには意思の力も必要になります。
      もっと早く確実に成果を上げたい方に向けて、当院の自律神経失調症の整体法を紹介いたします。

      自律神経失調症の整体法

      頭の施術

      まず極めて重要なことをお伝えしますが、自律神経失調症の根本原因はあなたの毎日の生活習慣の中に潜んでいます。
      だから生活習慣の改善も必要となります。

      しかし、なかなか一人で取り組むのが難しく感じる方や、ストレスや緊張が強い場合に全力で根本改善のサポートをさせて頂きます。

      ただし生活をまったく変えずに整体を受けるだけですと、一時的に楽になってもほとんどの場合また症状が再発します。
      生活習慣の改善を併せて行なうことでよりより効果が得られやすくなりますのでご了承ください。

      院長院長

      生活習慣の改善も大切であるということを心に刻んで下さいね!生活習慣がまったく変えずに整体を受けても効果は一時的なものになってしまいます。全力で根本改善のためにサポートさせて頂きますので一緒にがんばって取り組んでいきましょう(^^)

      多次元操体法について

      当院では多次元操体法という整体を提供しています。
      仙台市発祥の自然療法である操体法と各種エネルギー療法を融合した独自の整体術です。

      操体法の特徴は症状を追いかけないことです。
      操体法は不調が発生する原因を以下のように考えています。

      1. 1.身体の歪みが生じる

      2. 2.感覚の異常が生じる(違和感)

      3. 3.機能的な異常が生じる(様々な症状)

      4. 4.器質的損壊が生じる(病名がつく)

      身体の歪みを整える意味

      操体法では症状の原因として身体の歪みを重要視します。
      身体が歪むと感覚に違和感を生じます。(例:肩が重いなど)

      さらに歪みが大きくなると実際に様々な症状が現われます。(例:めまい、吐き気、不安感など)
      しかし、2の違和感や3の症状の段階では検査をしても器質的な病変が見つからないので原因不明とされるか、ストレスのせいにされたり自律神経失調症の診断を受けたりします。

      さらに歪みが大きくなると、検査ではっきり病名がつけられるような病気へと進みます。
      (例:胃潰瘍など)

      西洋医学では症状に対して薬などで抑えます。
      これを対症療法と言います。

      一方操体法では症状にとらわれずに、身体のバランスを整えることを重視しています。
      回復のプロセスは先ほどの症状発生のプロセスとは逆になります。

      1. 1.身体の歪みが整う

      2. 2.感覚の違和感が軽減・消失する

      3. 3.機能的な異常が軽減・消失する

      4. 4.器質的損壊が回復しやすくなる

      というプロセスを経てあなた自身の自然治癒力が高まり自然と快復していくのです。

      整体とエネルギー療法の融合

      操体法は医師が創始した安全で素晴らしい治療法です。
      身体の歪みが整うことで不思議と体調が良くなったり様々な不調が改善します。

      私は操体法を学び実践し続けながら、目に見えない領域についても勉強してきました。
      潜在意識や波動についても学び、自分自身の人生や整体の仕事にも活かしてきました。
      それらの学びを操体法に融合することで、操体法の手技もより繊細になり効果も高まりました。

      人間は機械と違い心を持っています。
      そして心も顕在意識と潜在意識に分けられます。
      無意識の領域である潜在意識の状態が心身の健康に大きな影響を与えています。

      たとえば潜在意識のレベルに回復を妨げる思考や感情が存在する場合には、一般的な身体に働きかける整体だけでは不十分なのです。

      ですから整体と併せて潜在意識に適切なアプローチを行なう必要があるのです。
      操体法と各種のヒーリングやエネルギー療法を融合し「多次元操体法」として施術を提供しています。

      多次元操体法の特徴

      多次元操体法の特徴を紹介します。
      一般的な整体とはちょっと変わったやり方をしています。

      多次元操体法の特徴
      1. 自分で歪みを直せる
      2. 快適な感覚を味わうと歪みが直る
      3. 一つの手技で全身が変わる
      4. 精神的にも深くリラックスできる

      それぞれの項目を詳しく解説します。

      1.自分で歪みを直せる

      一般的な整体では先生が患者に対して施術を行います。

      • 先生=治す人
      • 患者=治してもらう人

        という関係になります。

        ところが操体法の場合には以下のようになります。

        • 患者さん本人=治す人
        • 先生=お手伝いをする人

        患者さんが自分の感覚を頼りに自分で自分の体を治します。
        そのサポートをするのが施術者の役割なのです。

        最初はコツをつかむのに多少の練習が要りますが、慣れると自分で自分の体の歪みを直せるようになります。

        2.快適な感覚を味わうと歪みが直る

        歪みを直す整体はたくさん存在します。
        しかしその多くがスピードや力を必要としたり、痛みを伴うものだったりします。

        身体を痛めてしまうリスクもありますし、痛みがあると脳や神経は緊張し余計に身体の緊張を強めてしまうことにもなりかねません。

        操体法の創始者、故・橋本敬三医師の大きな発見は気持ちよさを味わうことで身体の歪みが整うということでした。
        楽な方に気持ちよく身体を動かすことで自然に歪みが矯正されていくのです。

        快適な感覚を求めることは、人間であれ原始的な生命体であれ同様であり命の原則です。

        不快なことをすれば身体は緊張します。
        快適なことをすれば身体は細胞レベルで喜び調和に向けて変化します。

        3.一つの手技で全身が変わる

        一般的な整体では、一つの手技でひとつの部位に対して施術を行います。
        どういうことかというと、例えば肩こりという症状に対して肩の筋肉を手技で緩めるという感じです。

        一方操体法では、一つの手技の影響が全身に及びます。
        たとえば足首を動かした結果、首や肩の筋肉の緊張が取れたりします。
        さらに通常の手技では届きにくい深層の筋肉や、関節に対しても効果が及びます。

        一つの手技が広い範囲に及ぶと同時に深層筋も変化します。

        同時に広く深く効果が及びます。

        4.精神的にも深くリラックスできる

        操体法の特徴は気持ちよさを味わうことで歪みを直します。
        快適な感覚に身を委ねてじっくり味わうほどに、身体的な変化だけでなく、精神的に深く癒され充足感を得ることが出来ます。

        自律神経失調症の原因は、日常生活の中の様々なストレスです。
        改善のためには精神的に深くリラックスすることが非常に重要になります。

        身体の感覚に集中することで思考が鎮まり、瞑想のような効果も得られます。
        日常の生活の中に操体法を取り入れることで、自分でも心身共に調和した状態を作れるようになるのです。

        ストレスやトラウマにも対応しています

        自律神経失調症の原因であるストレスにも大小あります。
        人によっては思い出すのも辛いような強いストレスを感じていることもあります。
        また長い期間トラウマになってしまい、自分ではなかなか解消できなくなっているような場合もあります。

        そこで当院では2008年頃よりEFT(エモーショナル・フリーダム・テクニック)という米国発祥のエネルギー療法を行なっています。
        EFTはストレスやトラウマに対する効果的なアプローチとして世界的に普及しています。

        日本国内でも精神科や心療内科の病院でも導入実績のある療法です。
        仙台市内の整体院としてはかなり早い時期から導入しています。
        クライアント様の症状や状態により必要に応じてこのような心理的アプローチも行なっています。

        【関連情報】

        ◆施術の流れをもっと詳しく>>