自律神経失調症はとてもつらいものです。検査をしてもはっきりと数値で出るわけでもなく、その辛さはなかなか他人にわかってもらえません。院長の私も同じように苦しんだ経験があるのでよくわかります。

症状もその時によってめまいがしたり吐き気がしたり動悸がしたりと様々な不定愁訴があります。原因もはっきりせず身体的にも精神的にもとても辛い症状が現れます。

このページでは自律神経失調症を根本的に改善させる方法をお伝えします。少し長い文章ですが目を通して頂けますと幸いです。

 

悩む女性

  • ふわふわしためまいがして雲の上を歩いているようだ
  • 特に理由がないのに不安感に襲われる
  • 動悸が気になる
  • いつも何となくだるい、倦怠感
  • 熟睡できない、不眠
  • 食欲不振、吐き気、胃のむかつき
  • 顔がほてる、手足が冷える
  • 下痢や便秘を繰り返す
  • いつも首や肩がこっている
  • 偏頭痛になりやすい
  • 生理前に頭痛や倦怠感が強くなる(月経前症候群)

等々

今あなたが上記のようなことでお困りでしたら当院の自律神経を整える整体で改善のお手伝いを致します!

笑顔の女性

自律神経失調症で悩んでいるあなたへ

現在心療内科のクリニックに通いながら自律神経失調症の治療を受けているけれどなかなか改善しない方や、病院には行っていないけれど、めまいや動悸や不安感などの各種の不定愁訴に悩まされている人のためにこのページを作成しました。

対症療法は症状を一時的に楽にしますが、根本的には改善していきません。根本的に自律神経失調症を改善するためには元の原因にアプローチする必要があります。正しい原因を知り、正しい方法を行えばあなたは元気を取り戻すことが出来ます。

そもそも自律神経失調症は病気ではない

「自律神経失調症」というのは診断名であってそもそも病名ではありません。

そもそも、自律神経失調症とは病ではない。「症」と名のつくとおり、病ではなく、あくまで症状のひとつとして考えられている。

ICD-10という国際的な疾患分類においても、特定の病気とは言えないものとされ、正式な英語名も存在しない。

日本心身医学界の暫定的な定義においては次のようになっている。

「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害ではないもの」

これは抽象的な解釈のように聞こえるが、自律神経の役割を理解し、それがうまく機能していない状態を表した名前として非常に的を射ている。

ここで書かれている「不定愁訴」とは、頭痛、だるい、動悸、イライラ、疲れが取れないなど自覚症状は様々だが、病院で検査をしても何も異常が見つからない状態を指す。その場合につけられる診断名のひとつが、自律神経失調症なのである。

ただし、あくまで診断名(症状を現わす名前)であって病名ではない。したがって、自律神経失調症は日本だけで通用する言い方である。

自律神経失調症をやっかいにしている問題は、どこの病院を受診しても、検査上では問題がないと言われてしまうことだ。

引用元:この食事で自律神経は整う 溝口徹著 フォレスト出版

検査上では問題がないのに、実際には実に様々な症状に悩まされます。検査には表れないところにアプローチしていくことが根本解決の鍵になります。このサイトの情報がお役に立てば幸いです。

なぜ自律神経が乱れるのか?

自律神経のバランスが乱れる原因は以下のように言われています。

  • 職場や家庭などでの過度のストレス
  • 生活習慣リズムの乱れ
  • 環境の変化によるストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 食生活の乱れ

これらの乱れを整えると自律神経失調症は改善します。しかし時間もかかりますし、職場環境など自分の意思では変えられない要因もあります。そこで整体の出番となります。

整体で自律神経失調症を根本的に改善します

当院では自律神経失調症を改善するための整体を行っております。通常は精神科のクリニックや心療内科に通院して投薬治療を受けるケースが多いですが、症状を抑える対症療法となってしまいます。当院では自律神経失調症を根本的に改善するためのサポートを行っております。

一般的な整体のように関節をポキポキ鳴らすような矯正や強い力を使った手技は行いません。安全で優しくそして心地よい刺激です。

お子様や女性、体力が弱っている方、強い刺激が苦手な方も安心して受けて頂けるとても繊細な整体です。

なぜ整体で自律神経が整うのか?

整体の手技で身体に優しく働きかけることで脳が安心して自律神経のバランスが整います。リラックスする刺激を通じて多くの方が眠くなります。潜在意識にも働きかけながら施術をしますので短時間で深い休息がもたらされます。またたく間に寝息を立てる人もいます。

ストレス社会で心身が疲れている人が大半です。自律神経が安らぐ整体を受けると様々な症状が快方に向かっていきます。

施術前のカウンセリング

当院ではいきなり施術を始めるのではなく、自律神経失調症に至る経緯についてお話を伺います。生活の中にかならず原因がありますので、根本的な原因を見極めて施術を行います。さらに回復を妨げる要因をなくしていく努力も必要です。

整体の施術だけでなく、自律神経失調症の回復のために必要なアドバイスも行っています。

骨盤・脊柱の整体

骨盤、脊柱の骨格画像

自律神経失調症で悩んでいる人の多くは骨盤や脊柱のバランスも悪くなっています。骨盤周辺や頸椎周辺の緊張が強い傾向が見られますので、骨盤や脊柱の本来の可動を取り戻すように施術していきます。

骨盤矯正は多くの整体院で行われていますが、当院の骨盤矯正は関節をポキポキ鳴らしたり強い力を使った矯正は一切行いません。多次元操体法のソフトな骨盤矯正により骨盤と脊柱のバランスが瞬時に変わります。骨盤周辺のインナーマッスル(深層筋)に働きかけますので姿勢がかなり変化します。

不適切な姿勢になって首こりや肩こりも併発している人が多いです。背中が大きく丸まっていわゆる猫背の姿勢になっています。顎が上がり首がすぼまった不良姿勢は頸椎や頸部の筋肉に負担をかけ、自律神経のバランスを乱します。

自律神経失調症で首や肩がこっていないと言う人にはほとんど会ったことがありません。骨盤と脊柱の矯正により良い姿勢が楽に保てるようになります。

頸椎の矯正

頸椎レントゲン写真

自律神経失調症の人は頸椎にストレスがかかっています。多次元操体法で頸部のストレスを解放します。頸椎のみならず、全身のバランスを考慮しながら調整します。

後頭部の筋群や胸鎖乳突筋の緊張を緩めます。通常のストレッチとは違い、自然と自発的に緊張が緩む整体を行っています。

胸鎖乳突筋の調整

耳の後ろの骨が出っ張っている部分(乳様突起)から胸の方に向かって斜めに伸びている筋肉があります。顔を横に向けると首の横に斜めに盛り上がる筋肉です。これが胸鎖乳突筋です。胸鎖乳突筋は副神経という脳から直接出ている神経が支配しているので、脳のストレスの影響を受けやすいのです。

自律神経失調症やうつ病やパニック障害の人のほとんどがもこの筋肉が固く凝り固まっています。首を絞められているような状態ですから、頭が重く気分も優れません。当院では胸鎖乳突筋を効果的に緩める整体を行っています。

後頭筋群の調整

首の後ろから後頭部にかけてどんより重苦しい感覚を訴える人が多いです。頭痛やめまいの症状を訴える人も少なくありません。頭板状筋とその深層にある頸板状筋は首の後ろの筋肉ですが自律神経失調症の人の多くはこれらの筋肉群も凝り固まっています。

大後頭直筋・小後頭直筋・上頭斜筋・下頭斜筋、これら4つの筋肉は後頭下筋群と言います。頭と首のつなぎ目の重要な筋肉群です。長時間のPC作業やスマホ操作でこれらの筋肉が疲労して固まります。

後頭下筋群の場所には目や耳や頭を支配する重要な神経が集まっています。頭痛やめまいや耳鳴りなどの症状とも関連が深い筋肉なのです。

頭蓋骨の整体

脳神経画像

頭蓋骨を覆う筋膜も緊張しています。頭蓋骨は15種23個の骨から成り立っています。それらの骨が組み合わさって頭蓋骨を作っていますが、組み合わさっている縫合部分が固まると頭が硬くなります。また頭蓋骨を包んでいる筋膜が緊張すると自律神経も緊張します。

頭蓋骨に優しく触れて頭部の筋膜の緊張を解放していきます。

仙骨の整体

仙骨はお尻の尾骨の上にある骨ですが、神経やホルモンや血流と密接な関係があります。仙骨に優しい刺激を与えて活性化していきます。

仙骨の前には副交感神経の束が下腹部に向かって伸びています。仙骨を刺激することで血流が増え神経のバランスが整います。

矯正方法も各種ありますが当院では優しく安全でかつ心地よい整体で仙骨を刺激しています。

生活習慣改善のアドバイス

何となく「心の病気」というイメージがあるかもしれません。精神科や心療内科へ行ってカウンセリングを受けたり、精神安定剤や症状を抑える薬を飲む治療が行われているのが一般的です。

しかし、自律神経失調症は心の病気と言うよりも生活習慣により引き起こされる症状です。

自律神経がうまく働いてくれないような毎日の生活に本当の原因が潜んでいます。むしろ、「無理な生活を繰り返していること」を心と身体が悲鳴を上げて教えてくれているわけです。

そんな体からのメッセージが症状として現れてきているわけです。だから身体の声にしっかり耳を澄ませていくことが大切です。やみくもに薬で症状を抑えることはその声を無視することになります。

当院では自然法則という観点から、人間という存在を見つめています。どうしたら自然法則と調和して自然と内側から治癒のプロセスが始まっていくだろうか?そんな観点に基づいて整体を行っています。

自然治癒力を高めて自然と回復するためのお手伝いをしています。整体と生活改善指導と併せて行っています。

当院と出会うことで、自律神経失調症が改善し元気になって人生を活き活きと過ごされるようになった方がたくさんいらっしゃいます。あなたも希望を捨てないでください。

一般的な治療法

自律神経失調症に対する一般的な治療法を紹介します。人により様々なタイプや症状がありますので治療法も様々です。

薬物療法

薬で症状を抑えます。お腹の調子が悪ければ胃腸薬、頭が痛ければ頭痛薬といった感じです。精神症状が強い場合には抗うつ剤や抗不安剤が処方されることもあります。薬物療法はあくまでも対症療法ですので根本的な改善の為にはライフスタイルの見直しやその他の療法と組み合わせた方がよいでしょう。

漢方薬

近年は心療内科の病院やクリニックで漢方薬を処方されることも多いようです。漢方薬は人間の自然治癒力を高める東洋医学の考えに基づいて処方されます。症状や体質に合った漢方薬を選ぶことが大切です。東洋医学に詳しい専門家に処方してもらいましょう。

カウンセリング

カウンセリングなどの心理療法を行います。カウンセラーに話を聞いてもらって心が軽くなったり精神的なストレスの緩和になりますが、症状がすぐになくなるわけでもありませんしカウンセリング期間も長期間に渡るケースも多いようです。同時に根本的な問題解決にも取り組む必要があります。

自律訓練法

自律訓練法はドイツのシュルツ博士によって開発された自律神経のバランスを整える方法です。やり方を覚えると一人で出来ますし、不安を鎮め心身をリラックスさせることができます。

 

自律神経失調症の原因

一般的には精神的なストレスが原因と言われていますがそれだけではありません。身体のバランスや筋肉の緊張や栄養バランスも関係していますので、整体の前の問診や各種検査により原因を突き止めて施術を行います。

首の筋肉の緊張と自律神経失調症

自律神経失調症の人はほぼ間違いなく首の筋肉が凝り固まって緊張しています。肩こりもひどい人がほとんどです。特に首の横の胸鎖乳突筋や首の後ろ側の筋肉群が凝り固まると自律神経のバランスが乱れやすくなります。

つまり交感神経が優位な状態になるのです。不安感、動悸、イライラ、不眠などの症状を引き起こします。

では首の筋肉を揉みほぐせば良いのかというと、そう単純な話ではないのです。頭の重さを支えるために首が固まっているので単に首を揉みほぐすと頭を支えられなくなり気持ち悪くなったりします。

なので首の緊張を緩めるためには骨盤や脊柱を含めて全身の姿勢バランスを整えることが大切なのです。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れている場合には、意思の力で何とかしようとしてもどうにもなりません。前向きに考えようとしても不安にやられてしまうのです。

根本的に改善するためには呼吸や食事や運動を含めた生活習慣を見直し、本来の心身の働きを取り戻すことが大切なのです。

栄養バランスの乱れ

実はホルモンバランスの乱れを引き起こす要因として、栄養バランスの乱れが挙げられます。ほとんどの人が一日3食食べていますが、カロリーは足りていますがタンパク質やビタミン・ミネラルが不足しています。

  • 糖質中心の食生活
  • タンパク質が不足した食事
  • 腸内環境を乱す食事
  • 微量栄養素(ビタミン・ミネラル)の不足

自律神経失調症に悩む人の多くは主に上記のような食事の問題を抱えています。その結果脳や神経の活動がうまく働くことが出来ないのです。当院では根本的に改善するための食改善指導を行っています。

精神的なストレス

ストレスを溜めやすく症状が悪化します。しかし同じストレスがかかっていてもストレスの耐性を高めるとストレスを跳ね返すことができます。

またストレスをうまく解消するような方法を身につけることでうまく対処できるようにもなります。

整体体験談

体験談1:だるさ、疲れ

施術後は、自分の身体をよく知ることができ、調子も良くなります。

【山内 博子様 30代 介護職 仙台市宮城野区】

 

■どんな症状で悩んでいましたか?

だるい感じや疲れが取れない

■整体を受ける前は、整体についてどんなイメージや不安がありましたか?

整体は、こちらが初めてで、ずっと整骨院に多く通っていました。

整体は、身体も心も整えてくださる感じがします。

■なぜ数ある治療院から当院を選んで頂けましたか?実際に来院していかがでしたか?

最初は通えば良くなるだろうと考え長く続けるつもりはありませんでした。

でも今は自分が良いことを体験が出来、周りにも勧めています。

■施術を受ける前と受けた後の変化はどうですか?

施術後は、自分の身体をよく知ることができ、調子も良くなります。

だから次の施術まで自分ができることがあれば実施します。(先生に教わったことなど)

■他の治療院や医療機関とはどう違いましたか?

先生にいろいろ話せることだと思います。

病院は薬をもらい良くなりますが、先生の所は”自分の何か”に気づかせてもらえる場所だと思っています。

■来院を検討している方に一言メッセージをお願いしますm(__)m

ぜひ来て体験してください 良さが沢山わかります

体験談2:うつ 頭痛

すごい整体院だと思います

【M.T様 50代女性 介護職 栗原市】

■どんな症状で悩んでいましたか?

腰痛、頭痛(特には)。その他たくさん。
うつ病(軽い)

■整体を受ける前は、整体についてどんなイメージや不安がありましたか?

「整体」そのものを良く知らなかった。
ふつうの電気かけをしたりもんでくれたりする所かな?

■なぜ数ある治療院から当院を選んで頂けましたか?実際に来院していかがでしたか?

ずっと長く腰痛で悩んでいて、当日も起きれない程の痛みの中
ここの整体院のホームページがヒットして「ここかもしれない」
という確信のような気持ちがわき、自分の確信は「当たった」
と思っています。

■施術を受ける前と受けた後の変化はどうですか?

毎回びっくりしたり感動したり。とてもリラックスして帰宅できます。

■他の治療院や医療機関とはどう違いましたか?

食事や生活習慣、自分でできる整体法なども教えていただけ、ものの考え方なども教えて下さり、すごい整体院だと思います。

■来院を検討している方に一言メッセージをお願いしますm(__)m

悩んでいるならまず電話orメールをしてみて下さい。
先生は丁寧にいろいろ教えて下さいますヨ!

体験談3:めまい 頭が重い

肩こり、めまい、不整脈、気分の変調が数週間で消えている。

【T.N様 40代女性 会社員 仙台市若林区】

TN様

■どんな症状で悩んでいましたか?

肩こり、めまい、頭が重い、気分が沈む等、また、生理前のむくみ、不整脈(期外収縮)等。

■整体を受ける前は、整体についてどんなイメージや不安がありましたか?

施術を受けた時は楽になるが、すぐに戻る。下手な人だとかえって痛く悪くなる。

■なぜ数ある治療院から当院を選んで頂けましたか?実際に来院していかがでしたか?

先生の考え方。局部を治すというだけでなく、自分の力で体は治ってゆき、健康を取り戻せるという言葉に惹かれた。

実際来てみて、その通りになってゆく自分に驚いている。日常生活の指導等、全般に話を聞いてくださり、大変ありがたいです。

■施術を受ける前と受けた後の変化はどうですか?

肩こり、めまい、不整脈、気分の変調が数週間で消えている。体が軽い。もっと健康になっていきたいと前向きに考えられるようになった。

■他の治療院や医療機関とはどう違いましたか?

数値としては問題なく、病気にまで至らない症状には対応策がなく、ドクターショッピングをしましたが、御院では根本的な対処法を知り、施術をしてもらうことにより、体が変化してゆくことを感じています。考え方を変える第一歩になりました。

■来院を検討している方に一言メッセージをお願いしますm(__)m

悩んでいるより、来てみる、人生が変わってゆくかもしれない、というチャンスにして下さい。先生も優しく穏やかな方なので安心ですよ。

自律神経失調症インデックス

このカテゴリでは不定愁訴に関する情報をまとめてあります。自律神経失調症改善対策、過敏性腸症候群、うつ、めまい、息苦しさ、不安感、ヒステリー球、顎関節症、パニック障害、起立性調節障害などに関して詳しく解説しています。

あなたに該当する症状があれば関連ページを覗いてみて下さい。少しでもお役に立てる情報があれば幸いです。

  • 自律神経を改善する方法

    自律神経失調症の原因は日常生活に潜んでいます。今までの生活習慣を見直し、生活習慣をできることから改善していくことで、症状も徐々に快方へ向かいます。今の生活を変えずして治してもらおうと思ってもなかなか改善は難しいです。むしろ回復の為には生活習慣の改善は必須とも言えるでしょう。

  • 過敏性腸症候群

    過敏性腸症候群とは、消化管の運動性の障害により腹痛、便秘あるいは下痢が起こる状態のことを言います。 過敏性腸症候群になると、胃や腸の消化管がさまざまな刺激に対して非常に敏感になります。しかし、胃腸そのものが悪いわけではなく、胃腸の機能がうまく働かないことが問題なのです。

  • 顎関節症

    顎関節の不調が神経にも大きな影響を与えていることがあります。顎関節症と自律神経失調症の関係や、骨盤や筋膜と顎関節の関係を解説しています。

  • うつ

    うつに対する整体的アプローチを解説します。うつは決して精神面だけの問題ではありません。頸部のストレスが神経のアンバランスを引き起こしそれが鬱の発症に繋がっているケースも多いのです。うつ病と診断を受けていても実は首こりのストレスによるものだったりします。

  • めまい

    めまいに対する整体的アプローチを解説します。めまいは単にその症状だけでなく気持ち悪さや不安感、恐怖感なども伴いますのでとても辛いです。総合的な対策が必要です。

  • 息苦しい

    息苦しい、呼吸がしにくいという症状と整体のアプローチについて書いています。呼吸法は有効ですが、身体の緊張が強い場合には呼吸法をすること自体がストレスになってしまいます。呼吸筋の緊張の解放をすることで呼吸の制限を解放します。

  • 不眠症

    不眠症は夜なかなか寝付けなかったり、途中で目が覚めてしまう症状です。睡眠と健康はとても深く関係しています。睡眠の質が悪いと体調も優れません。逆に睡眠の質が良くなると身体は早く健康になりやすいとも言えます。不眠症の改善方法について紹介しています。

  • 起立性調節障害

     起立性調節障害と診断される子供が急増しています。夜眠れない、朝起きられない、立ち上がるとフラフラする、頭痛がする、などの症状が見られます。当院では栄養のトラブルがこのような症状と深く関係していると考えていますので整体と併せて食生活の改善指導を行っています。

  • 不安感を解消する方法

    原因がはっきりしない不安感はとても辛いものです。不安を軽くしたり、解消するための方法を整体的観点からまとめてみました。あなたの不安が少しでも軽くなる助けになれば幸いです。

  • パニック障害の克服体験談

    院長がパニック障害になってそこから日常生活を送れるようになるまでの体験を綴っています。どのようにして自力で克服してきたのか?取り組んできたこともいろいろ紹介しています。

  • パニック障害

    パニック障害を根本から改善する整体と生活改善法について解説しています。

  • 胃のむかつき・吐き気

    胃に異常がないのに胃のむかつきや吐き気が続く場合には、自律神経失調症が関係していることがあります。整体と生活改善を合わせて改善に導く方法を紹介しています。