めまいがすると気持ち悪いだけでなく、非常に不安な気持ちになると思います。脳外科の病院で検査をしても特に異常が見つからず原因不明のめまいでお悩みの方に、当院の整体をお勧めいたします。

このページではなぜ整体でめまいが楽になるのか解説しています。

 

 

  • 日々の生活の中でめまいで悩んでいる
  • 歩いているとフワフワと不安定感がある
  • 寝返りを打つとグラッとめまいがする
  • 立ち上がるとくらっとする
  • 耳が塞がったような感じがある
  • なんとなく気持ちが悪い

※立ち上がることの出来ないほどのめまいや、激しい頭痛や吐き気や手足のしびれを伴うような場合にはすぐに医療機関の受診をお勧めします。当院では病院の検査では原因が特定できないのに日常的にめまいで困っている方の改善のお手伝いをしています。

めまいを改善する整体

めまいに対する整体施術について解説します。

事前のカウンセリング

めまいの症状についてお話を伺います。どんな時に起こるのか?グルグル目が回る回転性なのかフワフワする感じなのか?吐き気や頭痛や耳鳴りなどの症状の有無など伺います。また生活の中に原因が潜んでいますのでストレスに感じていることについてお話を伺うこともあります。

めまいと首こりの関係

東京脳神経センターの松井孝嘉医師は頸性神経筋症候群という症状名を提唱し、首こりが不定愁訴の原因となることを突き止めました。原因不明の頭痛やめまいも首の筋肉の緊張を緩めることで改善することを医学的に解明され治療効果を上げられています。

当院でもめまいや自律神経失調症による不定愁訴の多くは首こりを解消する施術で改善しています。さらに首のコリを取り除くだけでなく、頸椎にかかるストレスを取り除くために全身のバランスも調整しています。

頭の重さは4~6㎏と言われています。その重量が頸椎にかかっています。脊柱のバランスが悪い場合には首の筋肉に多大なストレスがかかります。脊柱のバランスを整えることにより頸椎と頸部の筋肉にかかるストレスを解放することができます。

骨盤と脊柱の矯正

めまいに対する施術としては骨盤と脊柱のバランスを整えます。骨盤矯正をすると姿勢が変わります。楽に良い姿勢を維持できるようになります。良い姿勢とはいわゆる胸を張った軍隊式の気をつけ姿勢ではなく、自然に頭が脊柱の上でバランスを取れる姿勢です。

無理なくリラックスしているのにも関わらず見た目にも美しい姿勢になります。

頭頸部のバランス調整

さらに頭部と頸椎のバランスを取っていきます。骨盤から脊柱~頭部の繋がりを縦のラインとすると、胸骨から鎖骨~肩甲骨~上腕骨へと繋がる横のラインのバランスも調整します。縦と横のラインが整うと頭頸部のバランスが調和します。

首の筋肉にかかるストレスが軽減するとめまいも改善します。

頭部筋膜への施術

頭部は筋膜で覆われています。首こりだけでなく頭部の筋膜の緊張も頭痛やめまいを引き起こす要因となりますので、頭の緊張も緩めていきます。施術はとても気持ちよくリラックスできます。施術中に寝息を立てて眠ってしまう人もいます。

自律神経の整体

めまいで悩んでいる方は交感神経が優位に傾いています。自律神経のバランスを整える身体のポイントを数カ所刺激し、副交感神経を優位な状態に導きます。自律神経のバランスが整うと生理機能が正常に働きめまいも改善します。

エネルギー療法

当院ではめまいの整体にエネルギー療法を導入しています。ヒーリングや潜在意識へのアプローチを併用することで肉体面への施術のみの場合と比較して良い効果が得られます。心身共にリラックス出来る整体です。

めまいの原因

ぐるぐる回る回転性のめまいや、ふわーっと気が遠くなる感じがしたり、雲の上を歩いているようなフワフワとして不安定感があったりします。とにかく気持ちが良いものではありません。気分が悪くなって吐き気を伴うこともあります。

多くの場合不安感も伴います。特に原因がよくわからないめまいは不安です。いくつかの原因がありますが、脳血管障害や内耳の器質的な問題がない場合には整体で改善のお手伝いができます。

めまいと整体

めまいの原因は人それぞれです。医療機関の受診が最優先のケースもありますので注意が必要です。あまりに症状がひどい場合にはまずは医療機関で検査を受けることをお勧めします。

脳血管障害

脳出血や脳梗塞など脳卒中によるめまいは緊急に医療機関の受診をお勧めします。言葉がうまく話せない、顔や手足がしびれる、極端に強い頭痛や吐き気を伴うときはまずは医療機関を受診してください。

良性発作性頭位めまい症

良性発作性頭位めまい症は、平衡感覚を保つための半規管の中に耳石が入り込むことによって起こります。体勢を変えたり、頭の位置を変えるときにグラッときます。

良性発作性めまい症によるめまいは数秒から数分間で落ち着きます。耳鼻科の病院で治療可能です。吐き気や耳鳴りは伴いません。アプリー法と言って体勢を変えることで耳石を半規管の外に出すための体操療法があります。

メニエール病

メニエール病は内耳のリンパ液が貯まりすぎることにより起こると言われています。回転性のめまいと聴覚症状(耳鳴り、難聴、聞こえにくいなど)を伴うことが特徴です。

原因不明なのにめまいや耳鳴り等の症状がある場合にメニエール症候群と診断されていましたが、現在ではこの診断名は使われていないようです。メニエール病は耳鼻科の病院で治療出来ます。

自律神経失調症

検査をしても特にはっきりした原因が見つからないめまいは、自律神経失調症と診断されるケースが多いです。その場合には首こりや肩こりの症状を抱えていたり、食欲不振、動悸、不安感などの不定愁訴を抱えていたりします。

このような自律神経失調症によるものは整体で改善のお手伝いが出来ます。

不良姿勢

首こりの原因として不良姿勢が挙げられます。長時間のPC作業などで不良姿勢が続くと頭を支える首の筋肉が緊張します。骨盤と脊柱と頭の位置の関係性が大切です。整体を行うとその関係性が良くなります。

整体を受ける前は良い姿勢を取ろうとすると苦しいのですが、整体を受けて調和したバランスになると、意識せずとも楽で良い姿勢が維持しやすくなります。

顎関節の異常

ストレスを感じると顎の筋肉が緊張しやすくなります。表層では側頭筋、咬筋、深層では内側翼突筋、外側翼突筋など。顎の筋肉の緊張は首の筋肉に伝わり、首こりやめまいの原因となります。ストレスからの解放や顎関節周辺の筋肉の緊張を解放させることも必要です。

ストレス

ストレスにより、顎関節のみならず自律神経のバランスが乱れますからそれによりめまいがすることもあります。

ライフスタイルの見直しも大切です。睡眠不足や暴飲暴食が続いたり、仕事があまりに忙しすぎたり、人間関係のストレスが過剰にかかっていたりすると整体を受けるだけでは改善していきません。

感情を抑圧していると、感情はエネルギーですから身体に影響を及ぼします。

痛みや症状は抑圧したネガティブな感情(怒りや悲しみなど)が原因であるとする説もあります。最近では医学的にもそのような研究が進められています。

ストレスがたまってめまいが発症するケースも多いことから、ストレス対策も大切であると考えています。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れによりめまいがしているケースもあります。ホルモンバランスが乱れ、自律神経のバランスも影響を受けます。

交感神経優位で過緊張状態が続くと血管が収縮し頭部が酸欠になります。このようなケースではストレスケアや食生活も含めた対策を取り組んでいく必要があります。最近非常に多いケースです。

めまい改善整体の症例

当院では、めまいに対して複数の観点からアプローチしていきます。首こり対策、ストレス対策、食生活対策、などなど。

自分だけで出来ることもあれば、自分では出来ないこともあります。整体はあくまでもお手伝いですから、やれることはやって頂きながら整体のサポートを受けていくと良いでしょう。

まるっきり依存しても根本的な解決には至りにくいですし、すべてを自分でケアしていくことも大変なことです。

専門家のサポートを受けながら自分でやれることをやっていくことが大切と思います。

次に、実際に施術を受けた方の体験談を紹介します。

症例1:重度の回転性めまい 仙台市泉区40代女性

重度の回転性めまいに悩まされている方が来院しました。仙台市泉区在住の40代女性です。ご主人に付き添われての来院です。

主訴はめまいと首の痛みです。自分で運転することができずにご主人に連れて来てもらいました。耳鼻科の病院では良性発作性頭位めまいとの診断を受けて、治療を受けているが改善しません。

鍼灸治療院にも毎週通って鍼を打ってもらっていますが、むしろ治療を受けた後は余計に具合が悪くなるとのことでした。きっと鍼の刺激が現在の身体にとって強すぎるのではないかと思ったのでそのようにお伝えしました。

CT検査、血液検査、聴覚などは異常なし。病院でも治療のしようがなく点滴を打ってもらうだけだと言います。

来院した時はもうその場に倒れこみそうなくらいにフラフラしていました。首をまっすぐにするとめまいがひどくなるのでかなり頭を右に傾けている状態でした。まっすぐにしようと思えばできるものの、左に傾けるとひどくなるとのことでした。

この状況を見ると何かしら身体のバランスの歪みが関係していると思いました。来院した日にフェイスブックにもこの方の施術の様子を投稿したものを転載します。

「藁にもすがる気持ちで連絡しています」

とメールでお問い合わせを頂きました。
回転性のめまいでかなり困っているそうです。

めまいと吐き気で家事も出来ない。
眠れない。食事もろくに取れない。

もうどうにも出来なくて最近も救急病院に行って点滴。
耳鼻科でも良くならずに数軒病院を変えたけど
原因もわからず点滴を打つくらいしか出来ないそうです。

鍼灸院で毎週鍼を打ってもらうも
改善は見られずむしろ余計に辛くなっている。

そんな状況でご主人に付き添われて来院しました。
足取りもおぼつかず今にもその場に倒れそうです。

フラフラして目を開けているのも辛そうです。

ご主人にも一緒に施術室に入って貰って
丁寧に説明しながらどうしたら良くなるのか
お話しさせて頂きました。

施術後は奥様の顔に精気が宿り
ちゃんと目を開けてまっすぐ立てるようになりました。

さっきまで苦悶に歪んでいた顔が
笑顔になってニコニコしています。

ご主人もそんな奥様の姿を見て

いやー、これまでいろんな所に行ったけど
帰るときにこいつの顔が
こんなに晴れ晴れしたの初めてです!
来てよかった!ようやく希望が見えました!

と、興奮気味に喜んで下さいました。

一体どんなことをしたのか?

大したことはしていません。
ちょっとだけ心と体に寄り添っただけ。

それで大きな進展が見られました。
人間の内側に宿っている力は凄いのです。

その力を引き出すお手伝いをしています。

結論から言うととても喜んで頂くことができました。その場ですっかり治ったわけではありませんが、確実に楽になったようです。実際にこの方にどんな施術やアドバイスをしたのか書いてみます。

体の歪み

この方は非常に身体が固く、いろいろな関節の可動域の制限もありました。また、見た目にも首が右に傾いた状態でしたので、そうすることによって何とかバランスを保とうとしているのです。

首だけでなく、下半身や骨盤も含めて全身のバランスが調和するように整体を行いました。肩周りもすっきりして頭への血流が良くなったためか、しっかり目も開けてまっすぐ立っていられるようになりました。

操体法の哲学

ご本人もご主人もどうしたら良いかわからなくて倒れそうになっては病院で点滴を受けるのみで困り果てていました。

病院では原因不明のめまいでも必ず原因が存在し、どうしたら良くなるのかという情報も身体の内側にあることをお伝えしました。身体の感覚を丁寧に観察することで操体法の考えに基づき回復に導く方法をお話させて頂きました。 

栄養面の改善

お身体に触れると栄養面の問題がありそうな感じが伝わってきます。これは私の経験上言えることで感覚的なものです。お話を伺うと食欲もないので毎日うどんなどを食べて過ごしているとのこと。

炭水化物、糖質の過剰摂取。そしてタンパク質の不足が当てはまっています。そのような食事を繰り返していると自律神経失調症状が強く出ることがあります。

めまいと栄養の関係についても詳しく説明すると非常に納得されていました。

症例2:めまいとふらつきが改善 登米市50代男性

定期的に通院している50代の男性です。会社を経営しておりストレスも抱えています。めまいとふらつきの症状があり、3年前からいくつかの病院に行ったそうですが改善しませんでした。

耳鼻科の病院での診断では耳石が原因の良性発作性頭位めまい症ということでした。耳石を外に出すアプリー法の治療を受けたのですが効果を感じられなかったそうです。

当院に通院して首こりや頭部の筋膜に対する整体で非常に楽になったと喜んで下さいました。日常的なストレスもありますので現在も定期的にメンテナンスを行なっています。

施術の内容としては首や頭の施術をする前に骨盤や下肢のバランスを整えます。以前は腰痛もありましたが、定期的に骨盤や脊柱のケアをしているので現在はほぼ腰痛はなくなりました。ただストレスがたまると首こりの症状が出るのでメンテナンスしています。

めまいの症状もかなり落ち着いて頻度も少なくなりました。毎回来院の度に「あ~、気持ちよかった!楽になりました。」と喜んで下さいます。登米市からで遠いのですがお知り合いもご紹介頂きご自身が運転して整体院に連れてきてくださるのです。