子供の整体

子供さんの整体をする機会が多くなってきています。小学生や中学生が親御さんに連れられて来院します。

症状としては肩こり、頭痛、めまい、だるさだったり、アトピーや体質改善だったり、起立性調節障害の診断を受けていたり、部活動によるスポーツ障害だったり様々です。

親御さんにとっては子供さんが何かの症状で苦しむのを見るのはとても辛いことですよね。何とかしてあげたいと思ってだいたい最初は病院などの医療機関にかかるわけですが、薬を飲んでも改善しなかったりしてそれでインターネットでいろいろ検索して来てくださいます。

そもそも生活の中に原因が潜んでいる場合には、薬を飲んでも根本的な解決にはなりません。それは大人も子供も同じことです。

やすらぎの杜整体院では根本解決のお手伝いをしていますので、考え方もアプローチ方法も病院や医療機関とは異なります。むしろ正反対と思えることも多いかと思います。

整体の可能性

病院で改善しなかった症状が整体で改善していくことがあります。何でもかんでも治るわけじゃないけれど、病院では治らない症状こそ整体院に来てほしいと思っています。

ほんのちょっとしたことで身体が変化して治癒の力が上がったりします。中には劇的に長年の症状が好転していく人もいます。「命の恩人です」とか「人生が変わりました」などと言って頂くこともあります。

しかし、そういう時ほどほんのちょっとしたことしかしていないのです。回復のスイッチが入れば体はどんどん元気になっていきます。私の役目はそのスイッチを押すことなのです。

治る準備

治る準備が出来ている人は、ちょっとした働きかけでスイッチが入ります。そして実際に身体も変化して行くし症状も改善していきます。

特に子供さんは素直なのでスイッチが入りやすいです。親御さんの方が頭であれこれ考え過ぎたり心配していることも多いですが、子供さん本人はそれほど心配していなくてちょっとした操法を行うとそれでどんどん変わっていきます。

子供さんが楽しみにしてくれる整体

基本的に子供さんとはそんなに会話をしません。もちろん必要なことは聞いたり話したりしますが、付き添いの親御さんとの会話の方が多いです。

大人のクライアントさんは基本的に一人で来院しますから、会話もいろいろします。でも子供のクライアントさんの場合には半分かそれ以上は親御さんとの会話や説明をしていることが多いです。

だから、その場で子供さんの身体が変化しても本当に本人が喜んでるのか?どう感じているのか?ということがわかりにくいこともあります。

でも継続して通院してくださっている子供さん達は、私のいない所で親御さんに対して「早くまたあの整体院に行きたい」とか「あの整体に行くのが楽しみ」みたいなことを言ってくれているようです。

そういう話を親御さんから伺うのととても嬉しくなります。安心して楽しく通える整体院でありたいと思っているのでとても嬉しいです。

一般的に病院や治療院というと、出来れば行かなくてもいいところですよね。行く必要がなければむしろ行きたくない場所でもあります。

でもやすらぎの杜整体院は症状治しの場所じゃなくて、自分の本質や大切なことに気づいて頂く場所なので、通院するほどに気づきが得られやすいし気づきの質も深まっていきます。