過敏性腸症候群とは腹痛、便秘あるいは下痢がくり返し起こる症状です。

過敏性腸症候群とは、消化管の運動性の障害により腹痛、便秘あるいは下痢が起こる状態のことを言います。
過敏性腸症候群になると、胃や腸の消化管がさまざまな刺激に対して非常に敏感になります。

ストレス、食事、薬、ホルモン類、その他のわずかな刺激が消化管の異常な収縮を起こします。
一般的には下痢になる人が多いようです。下痢の間に便秘が起こることもあります。
過敏性腸症候群は女性の方が男性の 3倍多く起こると言われています。

過敏性腸症候群とストレス

ストレス、不安、抑うつ、恐怖、など強いネガティブな感情は下痢、便秘、その他の腸の機能に変化を起こします。
そして過敏性腸症候群の症状を悪化させるのです。
なぜなら、脳は消化管を支配しているからです。
発作が起きている間は、消化管の収縮は強まります。
食品や便が大腸を急激に通過するので下痢が起こります。

過敏性腸症候群は、大腸が強く収縮したり伸びたりするので、その圧力に対する大腸上の受容体の感受性の亢進する結果、けいれん痛が起こります。
発作はほとんど常に目覚めているときに起こり、寝ている人が発作で目覚めるようなことはほとんどありません。

過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群は、レントゲンや内視鏡などの検査をしても異常が見つかりません。
器質的疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病など)とは違い、主にストレスが原因となって起こります。
腸に器質的な異常はないのに、正常に機能しない疾患です。

過敏性腸症候群の主な症状

  • 便意はあるが、排便がない。
  • 便意はあるが便が少量しか出ない。
  • 腹痛をともなった下痢や便秘が起こる。
  • 夜就寝中には下痢がない。
  • 下痢が続いても栄養障害や体重減少が起こらない。
  • おならがよく出る。

過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群の原因は心理的ストレスと言われています。

胃腸などの消化器と脳は自律神経でつながっています。
脳が不安や精神的圧力、強いネガティブな感情などのストレスを受けると、自律神経を通してストレスが胃や腸に伝達されます。
その結果、消化管の機能異常を引き起こしているのだと考えられているのです。

ストレスによって一度腹痛を起こして下痢をした経験があると、また同じようなストレスにさらされたり、同じような状況になったときに、「またお腹が痛くなるんじゃないか」と不安になります。

気にすればするほどさらにストレスとなるのです。
そして過敏性腸症候群の下痢や便秘などの症状を悪化させる、という悪循環になってしまうのです。

過敏性腸症候群の対策

過敏性腸症候群の原因は、腸にあるわけではありません。
脳と自律神経の伝達システムがうまく働いていないのです。

ですから、脳と自律神経が正常に働くようにする必要があります。
そのためには、普段の生活習慣の改善が必要です。
仙台やすらぎの杜整体院では、過敏性腸症候群に限らず自律神経失調症は、生活習慣や思考習慣が自然の法則からはずれた結果起こると考えています。

人間には生きていく上で、他人に代わってもらえない4つの活動があります。
「息、食、動、想」つまり「呼吸、飲食、身体動作、精神活動」の4つです。
これらの4つの自己責任行動のあり方が自然の法則に逆らった分だけ症状として現れるのです。

生活習慣チェックリスト

  • 息を詰めて頑張りすぎて呼吸が浅くなっていませんか?
  • 甘いものばかり食べ過ぎていませんか?
  • 食べたくないのに食事の時間だからと無理に食べていませんか?
  • 食べ物をよく噛まずに飲み込んでいませんか?
  • 暴飲暴食を繰り返していませんか?
  • 適度に運動をしていますか?
  • 睡眠不足になっていませんか?
  • 冬でもシャワーだけで済ませていませんか?
  • いつもイライラしたり、不安な毎日を過ごしていませんか?
  • 誰かのことを恨んだり妬んだりしていませんか?
  • いつも自分のことを後回しにしていませんか?

日常のすべての活動・行動が深く症状と関連しています。
思い当たる項目があれば、一つずつ改善していきましょう。

4つの自己責任行動が自然と調和するほどに、症状は快方へ向かいます。
人間はそのように創られているのです。 仙台やすらぎの杜整体院では、あなたが自然と調和した生活を取り戻すお手伝いをしています。

 

過敏性腸症候群の整体症例(2018年2月)

病院で「過敏性胃腸炎」と診断を受けた男性が来院しました。お仕事はパイロットをされていてとても責任のあるお仕事ですので、常時ストレスやプレッシャーはあるとのことでした。

過敏性胃腸炎の症状

このクライアント様の症状は、毎朝下痢をすることと、常時胃や腸がシクシクと痛いということでした。病院で薬を処方されてはいるのですが、パイロットの仕事上飲めない薬もあるとのことでした。ご自身の症状についてネットで検索する中で当院のHPを見つけてご予約を頂きました。

過敏性腸症候群に対する整体施術

まずはじめに説明から始めました。胃や腸の症状は結果として生じていることであり、原因は自律神経のアンバランスにあるので自律神経のバランスが整うための施術をすることをお伝えしました。

直接的には頸椎周辺の緊張が関係していることと、間接的には骨盤や腹部の緊張により脊柱と頭部のバランスが悪くなりその結果自律神経のアンバランスを引き起こしていることをお伝えしました。

「へー!そうなんですね!今まで整体やマッサージにもいろいろ行ったけどそんな風に説明されたのは初めてです」とのこと。

骨盤の可動域をチェックすると腹部の緊張が強いためにほとんど動きません。しかし、体の希望を表現するあることをすると、あっという間に骨盤がスイスイ動くようになり非常に驚かれていました。

次に頚部と胸郭のバランスを調整すると、その場でいくつかの変化が出てきました。

  • 座る姿勢が別人のようになった
  • 胃のシクシクする痛みが消えた
  • 仰向けで寝るのが苦しかったのが楽になった

という変化が見られました。骨盤と頸椎の調整で胃の痛みが消えたので、クライアントさんは非常にびっくりされていました。

追記1

とても喜んで頂けて翌日も来院されました。

前日の晩は久しぶりに仰向けで寝られたそうです。そして翌朝はいつもの腹痛が無かったとのことでした。施術をしたときも骨盤の状態も前日よりもだいぶ良くなっていました。

劇的に痛みが改善したケースではありますが、脳と神経の緊張が解放されることでこのようにすぐに変化が出ることもあります。

追記2

二回目来院の二日後に三回目のご来院をされました。ちょうど一週間ほど仕事の休みをもらっていたそうで間隔を詰めて続けて通院されています。初回来院時から、腹痛も下痢もすっかり治まっているとのことでした。

一年ほど前から病院に通って西洋医学の治療を受けていたけれど、症状の改善がみられなかったのが当院の整体施術(多次元操体法セッション)を受けて劇的に症状が消えたので非常に喜んで頂けました。

過敏性腸症候群 お薦めの本

過敏性腸症候群のセルフケア方法はいろいろありますが、一人で安全に出来るものとしては「腸もみ」がお勧めです。おなかを自分でもみほぐす方法です。腸もみ健康法についての本を紹介します。

1日3分 腸もみ健康法―「超きもちいー」マッサージ (講談社プラスアルファ新書)
1日3分 腸もみ健康法―「超きもちいー」マッサージ (講談社プラスアルファ新書)

過敏性腸症候群で、いろんな薬、サプリメントを試しました。 でも、この腸もみは、一番効きました。

腸もみ健康法の基礎になっている考え方は、古来中国で伝わるタオ医学だそうです。 おへそのまわりには、お腹に効くつぼが集まっていますから 腸の不調に効くのはうなづけます。

また体内で一番毒がたまりやすいのが腸なのだそうです。 だから、毒を外に出す事によって自然治癒力が回復します。

絵と説明文で構成されていますので わかりやすかったです。

腸の調子を整える本を複数読んだ中で、これが一番手軽で効果があった。内容は、腸の調子が健康にいかに大切かということと、実際にお腹の部分部分を、自分で押してみる・もんでみるというもの。

「腸もみ」自体は、家で寝転がってもできるし、いすに座ってでもできるし、会社のトイレでも便座に座ってちょっと押してみるというのもできる。

実際にお腹を押してみて、固い部分とそうでない部分があることや、いつもこの地点が固くなりやすいとかいうのが、だんだんわかってきた。

また、おなかがはっていると思ったとき、会社で朝おしてみて、帰るまでには効果ありということが何度かあった。 便秘解消を考えている方には、とてもいいと思う。

アマゾンレビューより