宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。

体が整う

整体は一般的に体を整えるという意味合いで使われています。
私もずっとそう思っていました。

だけど、年々その考えが変わっていきました。

整えるのではなくて「整う」

という方がニュアンスとして自分がやっているイメージと近いです。

同様に、

治すのではなく「治る」
ほぐすのではなく「ほぐれる」
緩めるのではなく「緩む」

その方が自然で優しいでしょ(^^)

開業した頃は力をかけて矯正して、ほぐして、
というやり方をしていたので体力も余計に使ったし
何だか身体と闘っている感じがして違和感がありました。

その違和感がどんどん大きくなってきて
どうしたら身体と闘わずして自然と身体が楽になる方法はないものか?
という視点でいろいろな治療法の勉強を始めました。

中でも操体法の考え方はとても自然で
私の目指しているところとも一致していましたので
操体法をしっかり学ぶことにしました。

操体法の手技の中でもわずかに力のぶつかり合いや
がんばっているところを発見した時は
どうしたらそのぶつかり合いがなくなるだろうかと
いろいろ試行錯誤を繰り返してきました。

従来の操体法のやり方とは少しだけ違ったアプローチなので
多次元操体法と名付けてあれこれヤジウマしています。

操体法ではその人自身の感覚を通じて
気持ちよさを問いかけながらやっていきます。

多次元操体法ももちろんそうなのですが
より繊細な感覚のやり取りをしているうちに
相手の感覚を通さずに身体と直接やりとりできるようになってきました。

なので感覚の問いかけも最小限になり
身体がそうしたいことを自然に表現するお手伝いが
出来るようになってきました。

力も動きも最小限なので傍から見ると
何をしているのかまったくわかりません。
単に軽く触れているようにしか見えません。

でも内側ではしっかりとしたテンションの繋がりや
エネルギーの流れを感じながら様々なやりとりが
行われているのです。

身体が内側から自然とほぐれていくので
身体の負担もありませんし、より効果も長持ちします。

整体の概念が覆されますから
新規のクライアントさんはとても不思議がります。

常連さんからも「相変わらず不思議ですね」と言われます。
私も不思議だなぁと思います(^^)

人間の身体は不思議がいっぱいなのです。

単に身体を変化させるのは簡単です。
どうしたらより調和するように整うのか。

整えるのではなく自然と整うのか?

日々そんな問いかけをしながら
多次元操体法を進化させています。