ぎっくり背中

ぎっくり背中(急性背部痛)の対処法と整体について解説します。

ぎっくり腰同様、背中も「ギク」っとなって痛めてしまうことがあります。
通称「ぎっくり背中」と言います。
急性の背部痛です。

検索エンジン経由でこのページに来た方は対処法を調べていることと思います。
私自身も何度も背中を痛めた経験が経験がありますから、辛さはとてもよくわかります。
でもそれほど心配しなくても大丈夫です。

適切な対処をすると早く楽になります。

ぎっくり背中と自然治癒

ぎっくり背中と自然治癒

もしぎっくり背中になっても、それほど心配しなくても大丈夫です。
なってしまったものはしょうがないですが、ぎっくり腰と比較しても早く回復します。

ぎっくり腰の場合は腰部や骨盤部に痛みが生じます。
上半身の体重が全部かかりますから、ちょっと身体を動かすだけで大きな痛みが走ります。

一方、ぎっくり背中の場合ですと患部に体重がかかる分が腰と比べて少ないので負担も小さくなります。
なので、余計なことをしなければ一晩寝るごとに痛みも和らいでいきますから安心してください。

基本的にこのような痛みは我慢できる範囲の痛みならば、病院や整体院に行かなくても良くなっていきます。
なぜなら人間には自然治癒力があるからです。

治らないケース

基本的には自然治癒しますが、なかなか治らないケースもあります。
何日たっても何週間も経っても痛みが軽減していかない場合には注意が必要です。

骨折している

痛めたときの衝撃が強く、あまりに激しい痛みがある時には骨折の可能性もあるので、そのような場合には整形外科を受診しましょう。

骨折している場合にはまず整形外科で診てもらいましょう。
画像検査をして骨折の有無を確かめてもらいましょう。

筋膜の歪みの影響

痛めたときの衝撃や、日常の生活習慣の影響で、筋膜の歪みが強くなっている場合も回復が遅くなります。
整体有効なケースでもあります。

筋膜が歪んでいると結果として骨格も歪みますし、筋肉も固くなります。
筋膜の緊張が解放されることで骨格の歪みや筋肉のコリがその場で改善します。

大半の整体院では骨格そのものや筋肉そのものにアプローチしていますが、当院では筋膜へアプローチすることでより少ない刺激で骨格、筋肉共にその場で変化していきます。

栄養不足の影響

必要な栄養が不足している場合にも回復が遅くなります。
身体の構成要素であるタンパク質が不足している場合にも回復しにくいケースもあります。

本来ならば日にちの経過とともに回復していくはずのものが、ずっと治らないとすれば、日常生活の中に回復を妨げている要因が必ず存在します。

食生活が乱れている現代社会です。
ぎっくり背中が治らない場合にも食事を見直してみるとよいかもしれません。

冷えの影響

体が冷えていると回復力も低下します。
入浴や湯たんぽやカイロなどで温めると回復が促進されます。

ぎっくり背中の対処法

ぎっくり背中の対処法

私も何度かぎっくり背中になったことがありますが、いつも子供を抱っこしていたり、荷物を持ったまま無理な体勢で上半身を動かした時に痛めました。

痛めた瞬間に「うっ!」となります。
脊柱の周辺を痛めるとは限らず、肋骨の近くを痛めることもあります。

これからぎっくり背中になってしまった時の対処法を書きます。

「あ、背中を痛めてしまったな」と思ったら、その場でその体勢のまましばらくじっとしています。

呼吸をするだけで痛いかもしれません。
下手に動くと余計に痛くなります。
身体の様子を繊細に観察しながら、楽に呼吸が出来る体勢を探ります。

大きく動いてはなりません。
小さく小さく動きます。
小さくひねる動き。
小さく背中を丸める動き。

少しでも楽な姿勢が見つかったらそこでしばらく呼吸を観察します。

うまく行けばこれだけでぎっくり背中の痛みが治ることもあります。
一時的に筋膜を変な方向にねじってしまって痛みが出ても、その場で整復できればその場で治ることもあります。

コツは小さく動くことです。
数センチずつ、場合によっては数ミリずつ。
身体の内部を感じながらそーっと小さく動きます。

それで楽なポジションを維持し呼吸を観察します。

身体の緊張がほどけるポジションでリラックスして呼吸していると、自己調整力が働いて治ることもあります。
痛みが取れなくても先ほどよりも動ける範囲が広がったりします。

ここに書いた方法は誰かから教わったわけでなく、自分で背中を痛めたときに自分で自分の感覚に従って治した方法です。

  • 「痛めた!」と思ったらそこから下手に動かない事
  • そろりそろりと楽なポジションを見つけること
  • そこでリラックスして呼吸をゆったり続けること

うまくやるとそれで良くなります。

セルフケア

すでにぎっくり背中を発症している場合には、また違ったアプローチが必要です。

操体法の基本原理は痛いところはなるべく動かさないことです。
動かす場合には痛くないところを動かします。

そもそもぎっくり背中になる時には、重いものを持っていて発症するケースを除いて背部の筋膜も緊張しているものです。
背部だけでなく関連する筋膜も一緒に固くなっています。

だから痛いところはそっとしておいて、動かせるところを動かします。
気持ちが良いように動かします。
そうすると痛いところが楽になったり、動きやすくなります。

ぎっくり背中の整体施術

当院の骨盤矯正

丁寧にやれば自分一人でケアできますが、やはり痛みがあると不安になりますし、感覚がよくわからないという場合にはやり方がこれで良いのかどうかわからないと思います。

そんなときは、ここに書いたような方法でお手伝いしていきます。

当院のスタンスとしては、ぎっくり背中の痛みを取り除くことだけでなく、自分で治せるような身体を作ったり、感覚を養ったり、痛めにくい体作りのお手伝いをしていきます。

ぎっくり背中が発症したのは忙しすぎて身体のケアが疎かになっていたのかもしれません。
運動不足で筋肉がガチガチになっていたのかもしれません。
ストレスがいっぱいで心も体も苦しかったのかもしれません。

そこから何を学ぶのか。
何に気づけるのか。

そんなことも含めてお手伝いをして参ります。

【関連ページ】

ぎっくり背中も基本的に温めると早く改善します。
詳しくは下記ページをご覧ください。

【新常識】ぎっくり腰の対処法「温めると早く改善します」

腰痛