自律神経失調症による動悸

原因不明の動悸でお悩みの方へ。

動悸には様々な原因があり、背後に病気が隠れていることもあります。
急に動悸がするととても不安になりますよね。

このページでは動悸の原因や、原因不明の動悸への対処法について解説します。
病院で検査をして原因が不明の場合でも何かしら原因があります。

整体の視点で動悸を考察してみます。
現在お悩みの方の参考になれば幸いです。

動悸とは

動悸とは

動悸とはどんな症状なのでしょうか?
まず動悸の定義について明確にしてみましょう。

動悸とは、心臓の拍動が自覚される症状です。心臓が強く脈打ったり、ふるえたり、激しく鼓動したり、脈が飛んだりするように感じられることがあります。動悸の原因によっては、胸の不快感や息切れなど、ほかの症状が生じることもあります。

動悸は健康な人にもごく一般的にある症状です。
動悸がするから重大な病気というわけではありません。
心疾患の兆候であることもありますがそういうケースは少ないです。

動悸の原因

動悸の原因には以下のようなものがあります。

  • 運動
  • 不安、恐怖などの強い感情
  • 貧血
  • 低血圧
  • 発熱
  • 不整脈

等など。

必ずしも病的な原因だけではなく健康な状態でも一時的に動悸がすることもあります。
激しい運動をしたときや、不安や恐怖等の感情に襲われたときに心臓の動悸を感じるのは誰もが経験があるでしょう。

一時的に動悸がしてすぐに収まる場合にはそれほど心配はありませんが、警戒すべき兆候が見られる場合には要注意です。

ふらついたり、意識を失ったり、胸部が痛くなったり、といった兆候が見られる場合には医療機関の受診をお勧めします。

自律神経の乱れに起因する動悸の特徴

特に心疾患もなく、頻繁に動悸がする場合に自律神経失調症と診断されることがあります。

安静にしていたり、家で寝ているときに急に動悸がするとびっくりします。
特に不安や恐怖などを伴う出来事があったわけでもなく、大人しくしているときに急に動悸がするのです。

運動をしたり、びっくりしたりして一時的に動悸がするのは別に病気ではなくごく普通の反応です。
しかしこれといった原因もなく急に動悸に襲われるのはとても不安になります。

病院で検査をしても病気が見つかるわけでもなく、このような場合に自律神経の乱れや自律神経失調症と言われることがあります。

動悸と自律神経のバランスの乱れの関係

なぜ自律神経のバランスが乱れると動悸がするのでしょうか?

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。

交感神経は主に活動するときに働きます。
交感神経が働きすぎると興奮したり緊張したりします。

副交感神経は主に休息するときに働きます。
リラックスに関わる神経です。
働き過ぎるとどんよりとしてやる気が出なくなります。

交感神経と副交感神経はお互いにシーソーのようなバランスでどちらかが優位になりながらバランスを維持しています。
バランスがどちらかに傾いてうまくバランスが取れなくなった状態が自律神経失調症です。

このシーソーバランスが交感神経優位に傾いていると動悸や不安感などの症状が出やすくなるのです。

自律神経失調症による動悸を改善する方法

自律神経失調症による動悸を改善する方法

心疾患などの病気が原因ではない場合には、自律神経のバランスを整えることが根本的な改善法になります。
自律神経のバランスを整えるために大切なことをいくつか紹介します。

頭頸部のコリの解消

頭や首の筋肉がこっていると自律神経のバランスが乱れがちになります。
交感神経が優位になりがちです。

その結果動悸以外にも以下のような症状が併発しやすくなります。

  • めまい
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 手足の脱力感
  • 手足の震え
  • 頻脈
  • 息苦しさ
  • 不安感
  • イライラしやすい

等など。

実際動悸で悩んでいる方は、動悸以外に上に上げたような症状を同時に抱えている場合が多いものです。
頭のコリや首コリの解消のためには首の筋肉を温めたりほぐしたりすることも効果的です。

しかし全身のバランスの調和が乱れた結果として首の筋肉に負担がかかっているケースも多いので、全身のバランスを考慮した上で調整することが大切です。

首こりの整体

ヒーリング整体で脳と神経のリラックス

物理的な刺激で頭や首の緊張を緩めると同時に、ヒーリング整体により脳や神経を深いリラックス状態に誘います。
深いリラックスを体験すると、副交感神経が優位に働き自律神経のバランスが整ってきます。
身体的な調和とともにエネルギーの調和もするようにアプローチしていきます。

栄養面の改善

あまり知られていませんが、栄養面を改善すると自律神経のバランスが整います。

たんぱく質をしっかり摂る

たんぱく質は人間の体を構成する栄養素でもっとも大量に必要とするものです。
たんぱく質が不足していると他の栄養をいくら摂っても効果的ではありません。

最優先して補給したい栄養がタンパク質です。

GI値の高い食品を控える

GI値とは血糖値が上がりやすさを表した値です。

GIとは食後血糖値の上昇を示す指標、グライセミック・インデックス(Glycemic Index)の略。

GIは、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示し、摂取2時間までの血液中の糖濃度を計ったものです。オーストラリアのシドニー大学ではグルコースを基準とした場合、GIが70以上の食品を高GI食品 56~69の間の食品を中GI食品 55以下の食品を低GI食品と定義しています。

引用元:GIについて学ぼう|大塚製薬 

GI値の高い食品は砂糖、清涼飲料水、白米、小麦などです。
甘いお菓子、白いご飯、パン、うどん、ラーメン、焼きそば、パスタ等など。

多くの人がこのような食品をたくさん摂取しています。
GI値が高い食品を多く摂っていると血糖値の乱高下を引き起こし、その過程でアドレナリンなどの交感神経を刺激するホルモンが分泌します。

アドレナリンの影響で動悸などの症状が出やすくなります。

カフェインの摂取を辞める

コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインもアドレナリンを分泌させるので、動悸がする人や自律神経のバランスが乱れている人は飲まない方がよいです。
ノンカフェイン・ノンシュガーのドリンクがよいでしょう。

【関連記事】

自律神経失調症は栄養で改善できる

動悸の改善例

動悸の改善例を紹介します。

20代女性。
子供の頃からいじめを受け人間不信もありました。
人間関係に悩み、動悸以外に、吐き気、めまい、全身の関節痛などを抱えてとても辛そうな状態で来院しました。

うつで病院に通院していたこともあります。

初回はお母様も付き添いで来院し一緒に話を聞いてくれました。
食欲がないのでお菓子を食べて済ませたり、栄養のバランスがかなり崩れているとのことでした。
お母様に注意されてもあまり聞く耳を持たなかったそうです。

初回に栄養面の改善についても伝えたところ、素直に実践してくれて二日後に2回目に来院。
その時にはすでに体調が改善していました。

今まで薬を飲んだりカウンセリングを受けたりしても良くならなかった症状が劇的に改善していると報告してくれました。
動悸もかなり良くなりました。

整体の施術と併せて栄養面の改善に取り組んだところ早期によい結果が出ています。
整体の施術を受けるとその場はとても楽になりますが、効果を持続させ根本的に改善するには日々の習慣を変える必要があります。

「いろんな病院に行っても変わらなかったのに良くなって、本当に出会えて良かったです!」と嬉しそうにご報告頂きました。

(2020年1月)

【関連記事】

自律神経失調症