執筆者:院長 上川名 修

嬉しいメールを頂きましたので許可を得て紹介させて頂きます。

起立性調節障害の施術の感想

先日、起立性調節障害やその他精神的な症状で病院に通院中の中学生の娘さんのお母さまから相談のメールを頂きました。

お母さまが当院のHPを読んでくださりとても共感してくださったのです。しかし、娘は整体に行くのを怖がっている。痛そうだし怖そうだと言うのです。なんとか連れていきたいけどどうしたらよいかという相談でした。

そこで、当院の整体法や考え方についてお返事を送りました。以下のメールを送りました。

●●様

 

こんにちは。やすらぎの杜整体院の上川名です。

お問い合わせ頂きありがとうございます。

 

お母様としても娘さんのこととても心配かと思います。

心中お察しいたします。

 

西洋医学の治療では症状を抑えるだけなので

なかなか根本的な治癒が難しいのが現状です。

副作用もありますので精神薬の服用は

出来ることなら避けたいところですよね。

 

施術の内容については「多次元操体法」を行います。

仙台発祥の操体法という自然療法をベースにしています。

 

操体法は従来の整体のようにポキポキ関節を鳴らしたり

無理矢理もみほぐしたりせず、本人の感覚を最大限に

尊重しながら「気持ちよさ」を頼りに歪みを直す

とても自然で優しい治療法です。

 

小さいお子様から年配の方まで安全に安心して

受けて頂くことができます。

 

多次元操体法は、さらに繊細に操体法を進化させています。

従来の操体法の欠点を補い、感覚がよくわからない

という人でもより高い効果を望めます。

 

肉体面だけでなく目に見えないエネルギー領域も

調和するようにお手伝いしていきますので

気持ちが楽になったり気分が明るくなったり

実際に運気が良くなるという方も

たくさんいらっしゃいます。

 

優しく触れたり、そっと動かす程度で

他の治療法のように痛みを伴うことは

一切致しませんのでご安心下さいませ。

 

可能でしたら、娘さんにも当院サイトの

トップページだけでもお読み頂けると助かります。

 

ご本人が嫌がっているのを無理矢理に連れてこられても

なかなか良い効果は望めません。

娘さんご本人が興味を持って頂ければ

きっとよりよい変化が望めると思います。

 

また、潜在意識レベルではどんな病気も

その人本人が作り出しています。

病気でいることのメリットがあるのです。

 

ですから、根本的には娘さんの心も癒やされることも

大切に考えています。無理矢理治そうとして

治るものでもありません。

 

普段の生活や心の在り方も含めて

丁寧に見つめなおしていくと

きっと良い変化が得られることと思います。

 

以上ご参考になれば幸いです。

他にご質問がありましたら

お気軽にメールして下さいね。

このメールをお母さまに返信しました。娘さん本人も読んでくれたようで、その後予約を頂きました。

 

そして迎えた当日お母さんだけが院内に入ってきました。娘さんは一緒に来たものの駐車場の車から降りようとしないようです。

「娘がやはり怖がって受けたくないというんです。」「娘に『なんで怖いの?なんで受けたくないの?』って聞いても『言葉で言えないよ』って言うんです。」「施術代だけお支払いしますので今日は本当にすみません。」と帰ろうとします。

そこで私はふと「お母さんが受けていかれませんか?」と声を掛けました。直観でお母さんが施術を受けることが良いのではないかと思ったのです。

そして次のように言いました。

「娘さんはまだ治りたくないのかもしれません。病気になることで自分を守っているのかもしれませんよ。なんかそんな気がします。」「お母さんからすれば心配で治してあげたくてしょうがないけど、もしかしてそれが負担になっているかもしれません。」「なんで治りたくないのか、きっとその理由があると思うんです。その気持ちに寄り添ってあげられると何か変わるかもしれません。」

するとお母さんはこう言いました。

「そんなことは考えたことありませんでした。早く治したいばかりに娘に負担をかけていたかもしれません。この話を聞けただけでも今日来た甲斐がありました。」と仰ってくださいました。

お母さんも当院の整体に興味を持ってくださっていたようで私の提案を素直に受け入れてくれました。施術を受けていかれました。まずはお母さま自身が本来のご自身を取り戻すことが、きっと娘さんにとってもご家族の皆様にとっても、もっともよい影響を与えられると思うのです。

施術もとても喜んで頂きました。

翌日お母さまよりメールを頂きました。

やすらぎの杜整体院

上川名先生

 

本日お世話になりました。●●です。

施術を受け、腕がフッと軽くなるのを実感して、ホームページの話のとおり、身体が軽くなるのを実感させていただきました。

ありがとうございました。身体、心、すべて繋がっていていることを感じることができました。

 

娘には、きちんと話をしました。

先生は●●ちゃんが治したいなと思ったら来てくださいねと言われたよ、優しい先生だったよと。

そして、お母さんが通ってみるね、お母さんがとてもいいと感じたからと話しました。

お母さんが、●●を治したくて無理強いしてごめんと謝りました。

 

私は、先生に、●●ちゃんは、まだ治したくないのかもしれませんよと言われ、気づきました。

身体が悲鳴をあげて休みを欲しがっている●●には、まだ、動くことは、負担にしかならかったのかもと。

わたしも、どこか、早く楽にしてあげたいと焦っていたのかもしれないと思いました。

 

娘は、起立性調整障害と、うつ病、、そのほか、一年前からてんかんの痙攣をおさえる薬を飲んでおります。

頭痛、、だるさ、朝起きられない、夜眠れない、胸焼け、集中力がない、不安、など症状は多岐にわたっています。ひどい時は、死にたい、つらい、深夜に涙をだしてることもあります。母として一番つらいことです。

 

先生のホームページ熟読させていただきました。

私も同じことを思っており、起立性調整障害もうつ病も、症状は似ており、病名がどちらであるとか、関係なく、身体の根本を変えたくておりました。

娘は、自律神経のバランス、ホルモンバランス、身体の成長、感受性が豊かな、優しく正義感の強い、曲がったことが嫌いな良い面ですらも、本人の身体がバランスを崩す要因となり、疲れてしまい、悲鳴をあげているんだと、思っています。

 

私も、先生と同じく、若い時に父を亡くし、身体のことを勉強したり、精神的なダメージをどう考えるか、命とは、身体とは、生かされている意味、自然のエネルギーからいただく力、周りの人からいただく力、感謝の気持ち、無宗教でありながら、ジャンルを問わず宗教のよい話を考えてみたり、たくさん感謝して、生きていかなければと、常に色々なよい話を聞いたり見たり、最近は本を読んでいます。

 

それを娘にどう伝えていくか、、そう思っていましたが、今日、先生にお会いし、私の気持ちのまま、生きていくだけでも波動が伝わっていくのかと思いました。

 

ですから、娘が施術を受けられなかったことが、マイナスではなく、私がそれを知り気づき、施術を体験できた、、とプラスに思えて良かったと思っています。

娘を受けさせることばかりに目を向けていましたが、それに気づくことができ、良かったと思っています。

娘の生活が、みんなのように学校に行けるまで時間はかかりそうですが、一休み、そう考えて、楽に気持ちを持って娘と過ごしていこうと思っています。

 

予定を見て来月また、予約させていただきます。ありがとうございました。

とてもご丁寧なメールを頂きました。

お母さまが安心して穏やかな気持ちで過ごせるようになるといいですね。そして、娘さんの本当の気持ちに気づいて寄り添ってあげられると何か変化が起きてくるかもしれません。

娘さん自身も大変な症状を抱えてとても苦しい思いをしていることと思います。そんな娘さんを見ているお母さまもとてもお辛いことと察します。だけど、娘さんご自身が乗り越えなくてはいけないこともあるだろうし、代わってあげるわけにはいかないのです。

娘さんが施術を受けたいと思った時にはできる限り心と体に寄り添っていきたいと思います。まずは精一杯お母さまのサポートをさせて頂きます。

起立性調節障害の施術感想2

上に紹介した感想のお母様からのメールです。

最初お母様が通院して高校生の娘さんも通院するようになり、さらに中学生の妹さんも一緒に来られるようになりました。
お母さんやお姉さんが元気になったのを見て妹さんも通院するようになりました。

妹さんが初めて来た後にお母様からメールでご報告を頂きました。許可を得て転載します。

 

○○です。

 

先生、ありがとうございました。

先日は、娘、2人お世話になりました。

 

長女も次女も、元気で今日学校に行けました。

すごいです。

 

次女は、最近、精神的な部分はだいぶよくなりましたが、睡眠リズムがまだもどらず、昼夜逆転。学校には、週一回行ければいい方。

長女は、先週一週間まるまる休み、金曜日の整体を受ける前は、歩くこともままならず、精神的な落ち込みがひどく、彼女も鬱を発症したのでは、、と、おもっておりました。

 

金曜日、施術を受けて、ものすごい変化におどろくばかり。すっかり元気になり、しかし、月曜火曜と朝起きられず、学校お休み。

 

昨日の整体を受け、さらに元気がでました。

次女も、昨日、施術を受け、元気になり、仙台でショッピングをして帰りました。

 

次女の憧れだったアコースティックギターを手に入れ、やる気満々。

いきいきとした娘達をみて、ほんとうに嬉しくてたまりませんでした。

 

先生に出会えてよかった、

娘達の人生、これからかわります。

 

ありがとうございました。

先生の施術

魔法みたいです(o^^o)

 

お姉さんも妹さんも関節とかは別に悪くなくて、精神的な緊張のために体の機能がうまく働いていない状態でした。ヒーリング整体でエネルギーの流れが良くなるように調整のお手伝いをしました。

施術後にとても元気になられたようで私も嬉しかったです。

お母様からさらに追伸でメールを頂きました。

上川名先生

 

メールありがとうございました。

 

あまりの激変に嬉しくて先生にメールをしました(o^^o)

 

身体の回復する力のスイッチをいれ、エネルギーの循環をよくしてくださり、先生には、感謝しております。

 

エネルギーが滞ると、人は、ものすごい不調になり、エネルギーが循環すると、すごく調子がよくなることを目の当たりにし、びっくりしています。

 

人間の治癒力ってすごいなぁとも思いましたが、治癒力を引き出すには、やはりエネルギーが循環していないといけないことも、見てわかりました。

 

言葉にすると単純ですが、エネルギーがなぜ滞るのか、どうすれば循環するのか、

すごく深いことで、すごく難しくて。

 

次女も、てんかんになってから不調で、それまでは、風邪もひかず、給食も、女子で一番食べる子でした。男子に混ざり、給食の残り食べる人ジャンケンにいつも入って、おかわりするほど。

それが、てんかんになり、なにかのバランスが崩れてから、ガタガタと不調続きになりました。バランスが崩れただけだと感覚でわかりましたが、いったいどうしたらバランスをとりもどせるのか、、

栄養不足だとしたら、いったい何が足りないのか、、

 

そこがわかれば良いと思うものの、わからない。

そうこうして数ヶ月たちました。

 

死ななきゃいけない

死ななきゃいけない

と、繰り返し繰り返し泣いて

 

眠れない娘をみて、影で泣いた日もたくさん。

 

そんな次女が、新しい憧れのギターを背負いワクワク気分で、先日帰路に向かったのです。

 

そして、先々週、歩けなくなるほど、気持ちが固まった長女も、学校に行きバリバリ勉強しています。

ニコニコしてお洒落したり。

 

正直、やっぱり先生は魔法使いだー、と子どもみたいに思ってしまいました(o^^o)

 

身体って不思議ですね。

たくさんのお力いただき感謝しております。

 

お母様にも喜んでいただけて本当に良かったです。
病院に通院してもなかなか回復せず、どうしたら良いのかわからずに見守るしかなかったお母様も不安でたまらなかったことと思います。

宮城県内ではありますが、かなり遠方から通院されています。

娘さん達が自力でケアできるようにお手伝いしていきたいと思います。

起立性調節障害のお勧め本

近年、様々な症状が食改善で改善したり治癒することがわかってきました。
高血圧や糖尿病やガンといった生活習慣病はもちろんのこと、腰痛や関節痛、神経痛などの身体の痛みや、うつや不眠、自律神経失調症なども食生活改善を同時に行うことでよりよい効果が得られる可能性が高まります。

分子整合栄養医学という比較的新しい医学分野があります。
栄養で病気を治すという考え方です。
ガンや高血圧などの慢性病の他、精神疾患にも良い効果が得られています。

たくさんの本が出版されていますが、子供さんの症状にはこちらの本がお勧めです。
起立性調節障害のお子さんを持つ親御さんにとっても役立つ内容と思います。

子どもの「困った」は食事でよくなる (青春新書インテリジェンス)
子どもの「困った」は食事でよくなる (青春新書インテリジェンス)

また、現代人の食事は糖質の割合が非常に多くなっています。
疲れが取れない、だるい、朝起きられないといった症状も糖質の過剰摂取の影響である可能性もあります。

「疲れ」がとれないのは糖質が原因だった
溝口 徹
B00SY8ZJUQ

糖質の過剰摂取に加えて、ビタミンやミネラル不足が加わるとさらに事態は深刻になります。
うつの症状や自律神経症状に悩んでいる方の多くが食べ物を変えると症状も快方に向かいます。

 「うつ」は食べ物が原因だった! (青春新書INTELLIGENCE)
溝口 徹
4413042387

当院では身体のバランスの調整と併せて食生活改善のアドバイスを行っています。
このページでは分子整合栄養医学の先生の本を紹介していますが、糖質制限をベースにしてサプリメントで栄養を補給していくという治療法です。

他にも糖質制限食やパレオ食といった食事法も推奨しています。
多少の違いがありますが、基本的には糖質の過剰摂取を改めましょうという考えは共通しています。

 

【関連ページ】

◆起立性調節障害の施術について詳しく>>